国内での活動紹介、コーシュカ、教育などの情報を掲載しています。
 
 

生年月日:1972年9月4日
出身地:静岡県
言語:日本語、ドイツ語、英語、ロシア語、スペイン語

 
 
 

指揮を故ラインハルト・シュヴァルツ、ヴラディミール・フェドセイエフ、ゲオルグ・マルク、故カール・エースタライヒャー、マヌエル・エルナンデス、エルヴィン・アッツェルの各氏に師事、ヴァイオリンを高木豊美、バーバラ・サモニッグ各氏、ヴィオラをヘァヴィッグ・ツェッレ氏に師事。ウィーン市立音楽院指揮科にて全教授一致の首席でディプロマを取得。

2001年スペイン、カルタヘナで行われたカルタヘナ国際音楽コンクール指揮部門において満場一致の第一位、同時にヴェネズエラ政府よりフェスノヒフ財団賞を獲得。
ヨハン・シュトラウスオペレッタ ヴィーン/カッセルの指揮者を務め、シュトラウス、ベナツキー、カルマン等のオペレッタを手掛け、在任中、毎年ドイツ・スイスの約30都市にて公演、絶賛を博し各新聞紙上で高い評価を得る。
2003年から2009年にはペナン州立交響楽団&合唱団常任指揮者に就任。オーケストラアカデミー、室内楽ワークショップ等を手掛け若手音楽家をプロデュースするなど意欲的にマレーシアのクラシック音楽教育の発展・振興に貢献している。
これまでにサヴァリア交響楽団、エルチェ市立交響楽団、チェルノヴィシー交響楽団、ソリデオシンフォニエッタ、カメラータ ムジカ ヴィーン、東京フィルハーモニー、日本フィルハーモニー、浦和フィルハーモニー その他を指揮し、カトリーナ・タン(ハープ)、ロ・バンヒャン(ピアノ)、小山実稚恵(ピアノ)、久元裕子(ピアノ)、クリスティアン・ポラック(オルガン)各氏、その他数多くの国内外のソリストと共演。


 画像をクリックすると、拡大表示されます。
拡大画像を見る 拡大画像を見る 拡大画像を見る 拡大画像を見る
拡大画像を見る 拡大画像を見る 拡大画像を見る 拡大画像を見る
拡大画像を見る 拡大画像を見る 拡大画像を見る  


 画像をクリックすると、拡大表示されます。
拡大画像を見る 拡大画像を見る 拡大画像を見る 拡大画像を見る


 画像をクリックすると、拡大表示されます。
拡大画像を見る 拡大画像を見る 拡大画像を見る 拡大画像を見る
拡大画像を見る 拡大画像を見る 拡大画像を見る 拡大画像を見る
拡大画像を見る 拡大画像を見る 拡大画像を見る 拡大画像を見る
拡大画像を見る 拡大画像を見る 拡大画像を見る